電動ドリルのタイプに大きな違いがあるのを知ってますか?

インパクトドライバーの特徴

インパクトドライバーは名前の通り、回転に打撃の力を加えてネジを締める電動ドリルです。内部にあるハンマーで進行方向に打撃を加え、ドリルドライバーよりも強力なパワーを発揮します。一気に長いネジを締め込む強引な作業や、作業スピードを上げるのに向いた特徴があります。クラッチが存在しないので、使用者の意図よりも力が加わりやすく、使用には慣れが必要です。

ドリルドライバーの特徴

ドリルドライバーは回転に特化しています。もちろんネジ締めにも使えますが、ビットを交換することでドリルになり、穴を開ける作業にも適したドリルです。トルク調整機能が大きな特徴で、ビットの根元にある目盛で調整します。一定のトルクが加わると、クラッチが作動して回転軸をモーターから離せるのです。この機能はネジ山の保護や、材料の割れを防止するのに重宝します。そのため、繊細な作業に向いた電動ドリルです。。

プロ用と日曜大工用で性能が違う?

大手の工具メーカーは、プロ用と日曜大工用に分けて工具を販売しています。プロ用は長時間の作業を想定して、耐久度が高く軽量です。部品が交換しやすく、調整も細かくできます。また、バッテリーは大容量で、仕事中の充電の手間がありません。そのため、価格は日曜大工用よりも高額になります。

一方で日曜大工用は、作業時間を短く想定しているので、耐久度は弱めです。バッテリーは低用量で、長時間の作業には向いていません。調整もプロ用ほど細かくないです。その分、プロ用に比べて安価で、頻繁に使用しないユーザーにもコストパフォーマンスがいいのです。

作業内容に合わせて電動ドリルの種類を選べば、時間とコストを節約できます。

電動工具の買取サイトでは、不要になった電動ドライバーとインパクトドライバーや、釘打ちや発電機等を、中古や新品を問わずに買い取ってくれます。ネットだけでなく質屋でも買取はありますが、新品意外は安値です。